木曽御嶽山麓の宿 お宿 たかの湯

薬湯 百草の湯

たかの湯自慢の薬湯「百草の湯」は
木曽五木の一つであるコウヤマキの浴槽を使った
お風呂。
木曽御嶽山は霊山としてだけではなく、
野草の宝庫としても名高い山です。
「百草の湯」は御嶽山に群生する薬草を
主成分とした入浴剤を使用しています。
薬湯は体を芯からじっくりと温め、
旅の疲れ、日々の疲れを和らげます。

※右の写真をクリックすると拡大表示します。

百草の湯

百草の湯は芯から体を温め血行を促進、新陳代謝を活発にして、
疲労回復・神経痛・肩凝り・冷え性・リウマチ等に効果があります。
ゆっくりと浸かって疲れを癒やして下さい。

百草の主成分

1.川芎(センキュウ)
セリ科 センキュウの根茎
寒冷地に適する多年草で、全草に特有な香気がある。漢方では、古来より治血、
補血、強壮、鎮静、鎮痛薬として、頭痛・貧血・めまい・冷え症などに用いら
れます。浴剤としては、血行を促し、痛みなどをやわらげます。
2.厚朴(コウボク)
モクレン科 ホウノキの樹皮
山地に自生する落葉高木で、枝先に白色の大きく美しい花をつけます。
古来より漢方に繁用される生薬の1つで、痛みをやわらげるとともに、心身を
リラックスさせます。殺菌作用などにより、しっしん、あせもに効果があり、
胃腸薬、利尿などにも利用されます。
3.当帰(トウキ)
セリ科 トウキの根
山地の岩間に自生している多年草で、特有な芳香があります。古来より温性浄血、
鎮痛、鎮静、強壮薬として使われ、貧血冷え症などに効果があるとともに、血行を
良くし、痛みをやわらげます。
4.香附子(コウブシ)
カヤツリグサ科 ハマスゲの根茎
芳香性健胃草として用いられたり、浄血、通経薬、神経症などに用いられます。
5.陳皮(チンピ)
ミカン科 柑橘類の果皮
柑橘類の果皮で、漢方では健胃、駆風、鎮咳、去痰などに利用されます。浴剤とし
ては、 湯冷め防止に有効で、温める作用と、肌をなめらかにする作用があります。

オンライン